ビジネス

ティファニー買収 ヴィトンの戦略

多くの高級ブランドを傘下に収める仏・LVMH(モエ・ヘネシー・モギビッシュルイ・ヴィトン)は、米宝飾大手ティファニーと買収で合意したと発表した。ルイ・ヴィトンやディオール、ブルガリ、ドン・ペリニヨンといった多くの高級ブランドを抱えるLVMHがなぜいまティファニーなのか。

70を超えるグループ会社を抱えるLVMH

LVMHが抱えているのはファッション・レザーグッズだけではない。ブルガリ、フレッド、ショーメ、デビアスといった高級ブランド、「ドンペリ」もLVMH傘下だ。

ファッションブランドは三つどもえ

ファッションブランド業界は欧州に拠点を持つ三グループが競り合っている。カルティエやダンヒル、ヴァンクリーフ&アーペルのリシュモン(スイス)、グッチやサンローラン、ブシュロンなどを展開するケリング(仏)も勢力を拡大している。

エルメス、シャネル、バーバリーといった独立ブランドの一角ティファニーが、今回LVMHのターゲットになった。

ファッションブランド3グループの年間売上高

LVMH 536億7000万ユーロ(2019年12月通期)
リシュモン 73億9700万ユーロ(2019年4~9月期)
ケリング 158億ユーロ(2019年度)
ティファニー 92.2億ユーロ(2019年度第3四半期)

ティファ二―買収額は162億ドル


LVMHが昨年11月に発表したティファニーの買収額は約162億ドル(1.6兆円)。LVMHにとっては最大規模の買収案件だ。

報道によると、当初は1株120ドルでの買収をLVMHが提案したがティファニーが拒否。値段を上げて買収にこぎつけた。買収は2020年半ばに完了する予定だ。

ウォッチ&ジュエリー部門強化がねらい

そこまでしてLVMHがティファニーを欲しがったのはなぜか。

LVMHの18年の売上高は468億ユーロ(5.5兆円)。19年は536億7000万ユーロ(6.4兆円)で売上高が前期比14.6%増に達した。

主力事業のファッション&レザーグッズ部門は前期比20.4%と好調だった一方、ウォッチ&ジュエリーの売上高は前期比6.8%増にとどまった。ティファニーの買収は、これにテコ入れすることがねらいだ。

アジアがターゲットに


「ティファニーで朝食を」で主演したオードリー・ヘップバーン

LVMHの地域別売上高で最大なのはアジア(31%)。ついで米国(23%)となっている。ティファニーは世界的に知名度抜群。そのブランド力でLVMHの「弱み」を補強。足場を固めて他グループを引き離すことが目的だ。

株価は上昇 高まる期待

買収を発表してから、LVMHの株価は上昇。新型コロナウイルスなど不安な要素はあるが、市場からの期待が伺える。

LVMHのベルナール・アルノー(Bernard Arnault)会長兼最高経営責任者(CEO)は、売上高を2倍にしたブルガリを引き合いに、「ティファニーも同程度の目標を設定したい」と語っている。

Copyright© M&A News by COVAVIS , 2020 All Rights Reserved.