ビジネス

英ローラアシュレイが破綻「新型コロナ最初の犠牲者」英メディア

写真はイメージです

英ローラアシュレイが経営破綻し、管財人の認定に入ったと、3月17日に英メディアが伝えた。新型コロナウイルスの感染者が欧州で広がった影響で各国が外出自粛を呼びかけており、営業が困難になったもようだ。

英スカイニュースは「コロナウイルス危機の最初の小売犠牲者となった」と報じた。

2700人の雇用に懸念

ローラアシュレイでは現在約150店があるが、スカイニュースは「2700人の雇用が失われる可能性がある」と伝えた。

英政府は3月16日に、ボリス・ジョンソン首相が「不要不急」の外出を控えるよう発表。欧州各国で人の移動が制限されている。

世界的に人気

ローラアシュレイは1953年、ローラ・アシュレイとバーナード・アシュレイ夫妻が創業。「英国のゆとりある生活」がテーマで、華やかなデザインの雑貨やワンピースが人気を集めた。

店舗復活を期待されていた中…

日本では1985年に東京・銀座に1号店がオープン。翌86年、イオンとの合弁で日本法人が設立し、イオンの系列企業が30年以上店舗を展開していた。英国本社との契約が切れた18年9月に全店舗が閉店。伊藤忠商事が独占輸入販売権を取得した。

今年8月からはアパレル大手のワールドグループが出店再開を計画していた。

Copyright© M&A News by COVAVIS , 2020 All Rights Reserved.