ビジネス 実務

東証、上場廃止基準を緩和

新型コロナウイルスによる混乱が続いていることをふまえ、東京証券取引所は3月18日、上場廃止の条件を緩和すると発表した。2020年3月期から適用する予定だ。

債務超過1年→2年

現状では、上場している企業は債務超過状態を1年で改善できない場合、上場廃止となる。

東証によると、新型コロナの影響で債務超過になった場合を想定し、債務超過を改善するべき期間を「2年以内」とする。

新型コロナの影響で監査法人が「意見不表明」としたり、事業活動が停止したりした場合でも、上場維持を認める。

上場候補には新型コロナ影響反映求める

一方、上場候補の企業には、新型コロナの影響を考慮した計画提出を求める。

上場審査のうち、「企業内容等の開示の適正性」の判断にあたっては、新型コロナが業績に与えるリスクが、業績予測に反映されているか、などを見るという。

また、新型コロナの影響で上場承認に至らなかった場合、再審査料は免除にする。

東証によると、上場に必要な費用は以下の通り。

新型コロナウイルスによる混乱が続いていることをふまえ、東京証券取引所は18日、上場廃止の条件を緩和すると発表した。2020年3月期から適用する予定だ。

債務超過1年→2年

現状では、上場している企業は債務超過状態を1年で改善できない場合、上場廃止となる。

 

東証によると、新型コロナの影響で債務超過になった場合を想定し、債務超過を改善するべき期間を「2年以内」とする。

 

新型コロナの影響で監査法人が「意見不表明」としたり、事業活動が停止したりした場合でも、上場維持を認める。

上場候補には新型コロナ影響反映求める

一方、上場候補の企業には、新型コロナの影響を考慮した計画提出を求める。
上場審査のうち、「企業内容等の開示の適正性」の判断にあたっては、新型コロナが業績に与えるリスクが、業績予測に反映されているか、などを見るという。

 

また、新型コロナの影響で上場承認に至らなかった場合、再審査料は免除にする。

東証によると、上場に必要な費用は以下の通り。

東証第1部東証第2部マザーズJASDAQ
上場審査料400万円400万円200万円200万円
新規上場料1,500万円1,200万円100万円600万円

(消費税を除く)

Copyright© M&A News by COVAVIS , 2020 All Rights Reserved.