実務

買収審査「デューデリジェンス」とは?意味やポイントを紹介

M&Aの後半に実施する「デューデリジェンス」とは、買い手による売り手企業の審査のこと。買収後になって、これまで知らなかった問題点が発覚するのを防ぐために実施する。詳しい流れや、分野ごとの視点の違いを解説する。

デューデリジェンスとは

デュー(Due)「当然の」+デリジェンス(Diligence)「相当の注意」という意味で、買い手に取っては必要な審査、ということを意味している。

M&Aの初期段階で売り手側自身から示される資料には、客観性や信頼性が十分ではない可能性があるため、買い手側が法律事務所や監査法人に依頼し実施する。

調査項目は多岐にわたる

審査は対象のビジネスのみならず、事務体制にも及ぶ

ビジネス

ビジネスモデルや事業計画、競合の状況などについて売り手側の経営者らに聞き取り、M&A後の事業の持続性や成長性を審査する。

財務・税務

売り手企業の財務指標や財務三表を審査する。不正な財務処理や簿外債務がないかを審査する。

法務

企業の定款や契約書、内部統制状況などを審査する。企業外とのトラブルや係争事件を把握するために実施する。

人事

人員、組織体制を審査する。

IT

労務管理、財務管理のシステムを審査する。

環境

産業廃棄物処理や汚水処理が適切に実施されているか審査する。

問題がなければ最終契約へ

デューデリジェンスの結果、問題が見つからなければ最終契約に以降する。M&A後にトラブルになる前に事態を把握し、適切な策を講じる必要がある。問題は後に発覚する方が事態が大きくなる可能性があるため、この段階で把握・処理することが必要だ。

情報が漏れないよう注意が必要

とはいえ、M&Aの最終契約前に従業員らに事態が発覚すると、従業員の反発や現場に混乱を招くおそれがある。従業員に必要な資料の提出を求めることもあり、注意が必要だ。

Copyright© M&A News by COVAVIS , 2020 All Rights Reserved.