前田道路、臨時株主総会で総額535億円の特別配当を可決

前田道路は14日、臨時株主総会を開き、総額535億円の特別配当を実施する議案を可決した。同社の純資産総額約2千億円の約4分の1にあたる額。もともと、敵対的TOBを仕掛けた親会社、前田建設に対抗するための策で、前田建設にとっては痛手となる。詳細を見る

関連記事

身内への敵対的TOBが成立 関係修復は多難

2020/4/13 06:00  

異例となる身内への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。ゼネコン準大手の前田建設は、持分法適用会社の前田道路へのTOBが成立したと3月に発表した。

Copyright© M&A News by COVAVIS , 2020 All Rights Reserved.