富士ソフトSB、中小企業基盤整備機構のコールセンター業務を受託

富士ソフトサービスビューロは、中小企業基盤整備機構のコールセンター業務を受託すると発表した。新型コロナに関する「特別利子補給事業」を受け付けるためのもの。詳細を見る

富士ソフトサービスビューロ

COVAVISで企業情報を見る

関連記事

開催延期も可能 株主総会対策で金融庁指針

2020/4/18 06:00  

新型コロナウイルスの感染拡大が、企業決算にも影響を及ぼしている。金融庁や経済団体などでつくる協議会は15日、開催延期や、配当金決議と決済決議を別日に行うことも可能だとする声明を発表した。

新型コロナ、商社にも影響 三井物産が減損予想

2020/4/12 06:00  

三井物産は27日、2020年3月期の業績で、500~700億円の減損の可能性があるとした。
2月には、通期連結業績予想(グループ全体の決算)で前期比9%増の4500億円の黒字を予想していた。

ANA、異例の「政府保証」要請へ

2020/4/9 06:00  

ANAホールディングス(HD)は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で収入が激減しているため、1.3兆円の融資を求めている。このうちの一部について、無担保で借りられる「政府保証」を求めていると、日本経済新聞が7日報じた。

Copyright© M&A News by COVAVIS , 2020 All Rights Reserved.